• ホーム
  • ニゾラールシャンプーのジェネリックはある?

ニゾラールシャンプーのジェネリックはある?

2019年08月27日
きれいな足裏

AGAにも効き目があるとされ、脂漏性皮膚炎に絶大な効果を発揮するニゾラールシャンプーは、普通のシャンプーと使用方法がほとんど変わりません。
しばらく放置するプロセスなどもありますが、基本的にはいつも髪を洗う時と同じように使うだけで抗真菌剤と同じ治療効果を得ることができます。

脂漏性皮膚炎になるときちんと髪を洗っていてもフケが大量に出るので、見た目にも不衛生な状態になってしまいます。
かゆみも伴うので本人にとっても辛い状態が続きます。
きちんと治療しないと自然治癒することはほとんどないので、症状をこじらせないためにも早めに医療機関を受診しましょう。

ニゾラールシャンプーは普通の薬局やドラッグストアでは購入することができません。
薬局やドラッグストアでも脂漏性皮膚炎用のシャンプーは販売されていますが、抗真菌成分のケトコナゾールは含まれていません。
マラセチア菌によるフケやかゆみ症状を抑える抗真菌剤入りのシャンプーは、医師の診察を受け、処方箋を出して貰って調剤薬局で手に入れるのが主な入手ルートになります。

ただ、最近は通販の個人輸入サイトでもニゾラールシャンプーの扱いがあります。
医師の診察を受けていなくても明らかに脂漏性皮膚炎の症状が出ている場合、注文するだけで自宅までシャンプーを届けてくれます。

個人輸入代行サイトではニゾラールシャンプーよりも価格が安いジェネリックもたくさん販売しているので、シャンプーにあまりお金をかけたくない方にも頼りになる存在です。
ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れたあとに販売される安い薬で、有効成分の種類や効き目に大きな差はありません。

ニゾラールシャンプーのジェネリック医薬品はメジャーなものだけでも、ダンドリ、ケタゾン、セビゾール、レビタ、ケトコロスト、デノンシャンプーなど7種類以上あります。
どのメーカーのシャンプーにも有効成分のケトコナゾールが配合されているので、できるだけシャンプー代を安くしたいと考えている方にも人気があります。

ニゾラールシャンプーとデノンシャンプーに違いは?

製薬会社のジードラッグスから発売されているデノンシャンプーはニゾラールシャンプーのジェネリックで、有効成分のケトコナゾールが配合されています。
フケの悩みや脂漏性皮膚炎を治す時に活躍してくれる他、抜け毛を抑える効果でも知られています。

ニゾラールシャンプーとデノンシャンプーの最大の違いは価格です。
販売価格は個人輸入サイトによって異なりますが、どのお店でもデノンシャンプーの方が確実に安く売られています。
デノンを安く売っているお店だと1本50ml入りの用量で、大体2000円が相場価格になります。
ニゾラールは同じ容量で500円から1000円ほど高く売られる傾向があります。

慢性のフケ症の方や、しょっちゅう脂漏性皮膚炎が再発している方にとって消耗品のケトコナゾールシャンプーは欠かせないので、コスト対策のためにもジェネリック医薬品シャンプーを試してみるメリットはたくさんあるでしょう。

普通のシャンプーより容量が少ないと感じるかも知れませんが、抗真菌剤のシャンプーは毎日使う必要はありません。
症状が治るまで2週間から3週間前後、週に2回ほどの使用で大丈夫です。
AGAの治療効果が期待できるという説もあり、男性型脱毛症による薄毛を改善するためにデノンシャンプーを愛用している男の人も増えています。

使用方法もニゾラールと同じです。
予備洗いした髪と頭皮にシャンプーをつけて泡立て、浸透させるために5分ほど放置してから洗い流します。
ニゾラール同様、深刻な副作用は引き起こされにくいのも魅力です。
よほど肌が弱い方はかゆみなどを感じるかも知れませんが、シャンプーは内服薬とは比べものにならないほど副作用のリスクが低いので安心です。